開業支援

いつかはカフェを開業してみたい。定年後は夫婦で喫茶店をやるのが夢だった。そんな方への開業支援を行っております。開業支援は、暖簾分けのフランチャイズとは違って、あなた自身がやりたいこと、付けたい名前、始めたい場所で開業することができます。もちろんロイヤリティもありません。

一般的に飲食店を開業し、3年以内に廃業する確率は25%と言われています。
あたりまえのことですが、飲食業を経営している人は日々どうしたら店が良くなるか、どうしたらお客様が増えるかを考えています。それに比べ、これから開業しようとしている人は、頭の中でこうしたら流行りそうだ、1日何人来たらこれだけの売り上げがあげられてきっと儲かるぞ。と、あくまで頭で考えているだけです。
それはまるで何戦も戦ってきた熟練プロボクサーと、イメージトレーニングだけしてきたアマチュアボクサーが、飲食業というステージで戦う様なもので、結果は明らか。アマチュアボクサーは、ものの一瞬でステージから引きずり降ろされるでしょう。

飲食業はどの業種より、誰でも手が出しやすいのが特徴です。その理由はいくつかあります。
まず、誰もが幼い時から外食することが日常の出来事のひとつであり、飲食業というものに身近に接してきたことが挙げられます。
また、飲食は『食べ物を作って出す』ことが主な仕事ですので、専門的な知識が無くても、ある程度料理ができる人であれば開業することは簡単です。
さらに開業資金が比較的かからないこと。居抜きの店舗などを利用すれば安いもので、数十万で開業することも可能でしょう。

開業のし易さは、多々ありますが、なにより問題は開業後です。
雑誌や新聞広告を見ていると毎月いくつものお店がオープンしています。
どうしてこんな場所で始めたんだろう?と思うお店もあります。前はラーメン屋だったけど、今度はカフェに変わってやっていけるのかな?と思うお店や、開店してすぐに、店の前を通ったけど全然人がいない。そんなお店の殆どは、やっぱり3年持たずに閉店してしまっています。
それはまさしく安易に始めた結果と言えるでしょう。

飲食店を開業した人でも、お客さんが来ないので、奥さんが店番をしている間、旦那はアルバイトに行っている。また、客の少ない時間帯は店を閉め、アルバイトに出、お客の増える時間から店を開ける。そんな話もよく聞きます。それでは飲食店を開業した意味がありませんよね。自分の仕事をこれと決めてお店を開いたのか。それとも自分のお店が赤字でもプライドとして店を続けたいのか。いずれにしてもこの様なパターンは長続きはしません。

逆に何年もお店が続いていても実際は、厳しいのが現実です。
売り上げが下がっても給与が極端に下がらないサラリーマンとは違い、日々の売り上げが自分の給与に直結します。売上を上げる為には、お店のファンを増やさなければいけません。
ファンを増やす為には、努力と労力が必要です。流行らないお店は、簡単に言えばファンが少ないからです。
殆どの場合、ファンを増やす努力をしていないお店は、広告を出して人に来てもらえば、その中からリピーターも出てくるだろうと考えています。しかしそれは違います。ファンを増やすために日々改善、努力していないお店は、いくら広告を出してもファンが増えるわけがありません。増えたとしても微々たるものでしょう。

一般的にファンのことを顧客と呼び、顧客満足度を『CS(Customer satisfaction)』と呼びますが、このCSを高めなければ顧客は増えません。
経営者によってCSを高める方法は違います。しかしながら、どんな方法でもCSが高くなければお客は増えないということです。

これまでは飲食を始めるにあたっての一般論を記述しましたが、全くの素人と、多少なりとも経験した人では明らかな違いがあることには間違いありません。
当店は、これまで培った経験やノウハウを、これから飲食店を開業しようとしている方に、惜しみなくお伝えする開業支援を行っております。

開業支援の内容としまして、当店の最大の強みは、東京、横浜、大阪、名古屋など大都市ではない、人口30万弱の市にある、小さな喫茶店。という大手企業が行う都心型開業支援とは異なり、日本全国にある同様の市町村で、喫茶店をはじめるケースに最適な事例ということです。
当店は北海道でも有名で、今では全国区になりました『宮越屋珈琲』から派生したお店です。我が師、宮越惣一氏よりお教えいただいた技術を、その地域の特性に合わせて順応させております。
現在、当店のスタッフは3名です。年中無休ということ。営業時間が10時-22時ということが主な理由です。
店舗の広さや営業時間、提供内容によって1人でもできるお店もあれば、5人必要な場合もあります。その方の始めたいスタイルを踏まえながら、その方に合わせたプランを立てて、支援することができるのも当店の特徴です。
期間は最短7日間から、最長30日の店舗での実践形式での研修です。実際の店舗に立って直にお客さんと触れ合い、接客することで、お店を開業するイメージをつけることができます。希望の場合は期間の延長も可能です。

なお、詳細はお電話にてお問い合わせください。担当 青木